読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX~ポンドブログ~

これからFXで、ポンドのトレードを始める人に向けたブログ

【株式投資】ではなく、なぜ【FX】なのか??

みなさん誰しもが、投資の話をしたときに頭に思い浮かべるのは【株式投資】のことでしょう。私もみなさんと同じでした。

結論から先に話しますと、私は現在【株式投資】をしていません。【株式投資】の代わりに【FX】をやっています。その理由は【株式投資】を辞めた理由が【FX】の世界には関係がなかったからです。

まずは私が【株式投資】で失敗をしたことからお話しします。

株式投資の失敗

投資を行う前の二つの壁もクリアして、始めはFXではなく、株式投資をスタートしました。しかし、そこに待ち受けていたのは新な壁でした。どの会社の株を買えばいいのかが、全く解らなかったのです。

これが私のぶつかった壁でした。

株式投資を始める前に、私もそれなりに準備をしました。【株式投資】の初心者用の本を数冊読み、ウォーレンバフェットやジョージ・ソロスなどの本も読み漁りました。

しかし、どの株を買えばいいのかが全く分からなかったのです。

なにせ日本には3000以上もの企業が上場しています。その中から一つの企業を選んで投資をするということはとても大変な事でした。あなたも3000着も並んだ洋服店で1着だけの買い物をするとなると迷いますよね!?

実際は、私が初めに用意した資金は10万円だったので、選べるのは百数十社しかありませんでした。しかしそれでも、初心者の私にとってはとても難しい事でした。みなさんも初心者の時は同じだと思います。他の人の様に話題だった【株式優待】を目的として買うべきか、値上がり率が高い【IPO】を買うべきかと色々悩みました。

ここで私は、投資をするうえでプランが必要なことに気付いたのです。

詳しくは⇒投資を行う上で必ずプランは必要

 私は悩みに悩み抜いて、私でも知っている大手の銀行株を購入しました。しかし、銀行株はほとんど値動きもなく、少し損をした段階で投資をやめてしまいました。

株式投資を私が辞めた理由

私が株式投資を止めた理由は大きく二つあります。

資金が少額すぎる

前述にも記載しましたが、私が投資を始めた時は20代半ばのサラリーマンでした。ぎりぎりの生活費で貯めた【10万円】が初めの資金でした。多くの人からしたら、そんな少額で始めること自体が間違っていると言われるかもしれませんが、私は今でも間違っていたとは思いません。正直、【10万円】という少ない資金でも投資を行うことは出来ました。

しかし少額の資金だと問題点が大きすぎるのです。

例えば私のように【10万円】の資金で株式投資を始めると、選べる株式は1社が限界でしょう。これを選ぶことがとても大変なのです。

やっとの思いで選んではみたものの、今度は値動きが気になってしまうのです。

少額の資金だけど、やっとの思いで貯めたお金だから損をしたくないという気持ちが働いてしまうんですよね。そうなると「昼間のうちにもしかしたら大暴落して、会社が倒産してしまうかもしれない」このように考えると本業の仕事どころではありませんよね??

株式投資】の基本のトレードの時間は午前9時から午後3時までとなっており、サラリーマンの私は、当然仕事の時間でした。仕事へ支障をきたす前に【株式投資】からは撤退しようと考えました。

会社情報の読み取りができない

株式投資】で重要なことの1つに、会社情報の読み取りがあります。これは長期で運用していくときに特に注意しておく点ですが、私には全く理解できませんでした。多くの人がそうだと思います。貸借対照表と損益計算書を正確に読み取ることが出来るのであればもっと早くに投資の道か、会計士の道に進んでいることでしょう。

以上の2点から私は【株式投資】の道を断念しました。しかし、諦めているわけではありません。FXで資金を作り、空いた時間に会社情報の読み取りなどに力を入れて、いつかは【株式投資】の道に戻りたいと考えています。

【FX】にはお金も会社情報も関係ない

私が【株式投資】を辞めた理由は

・資金が少額すぎる

・会社情報の読み取りができない 

上記の二つの理由からでしたが、【FX】の世界ではこれらの事は必要ないのです。

資金が少額すぎるのはレバレッジで問題解決

【FX】の世界にはレバレッジという機能があります。これは少額の資金でも大金として扱うことが出来るという機能です。

例えば、10万円で【FX】を始めたとします。すると、250万円分まで取引ができることになります。

凄い!!!夢の機能の様に思いますよね!?しかし扱いを間違えると大変なことになるので注意が必要です。

更に詳しくレバレッジについて知りたい方は⇒FXとは??のFXは株と違ってレバレッジが大きいの欄をお読み下さい。

会社情報の読み取りができない

これは【FX】の世界では全く必要がありません。なぜなら、会社の株を買うのではなく外貨を取引するので全く必要ないのです。貸借対照表?損益計算書?全く必要ありません。

その他にも【FX】と【株式投資】には下記のような違いがあります。

更に詳しく知りたい知りたい方は⇒FXとは??の株とFXの違いの欄をご覧ください。

株式投資

  • 取引時間:午前9時から午後3時
  • 取引種類:3000株以上

【FX】

  • 取引時間:24時間
  • 取引種類:50ペア(多いFX会社の場合)

このように【株式投資】よりも【FX】の方が、昼間時間の取れない貧乏な私にとっては向いていたのです。

 

以上が【株式投資】ではなく、なぜ【FX】なのか??でした。この記事は、FXとは??との関連が強いので、お時間のある人は合わせてお読みください。