読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX~ポンドブログ~

これからFXで、ポンドのトレードを始める人に向けたブログ

FXの値段の見方

f:id:hantenakun:20161025215253p:plain

今回は上記の画像をもとに、FXの値段の見方 をご説明いたします。※ご覧になるサイトやFX会社によっても多少違いはあると思いますが、基本的な見方は一緒になります。

 

 

 

 

通貨ペアを確認しよう

f:id:hantenakun:20161025215836p:plain

FXで取引を行う通貨ペアは、上記の赤線部分のようにアルファベット3文字の略語で表記されています。

3文字の略語表記の詳細は、こちらの記事でご紹介しているので参照してください。

 

通貨の略称【通貨コード】について

 

 売値と買値

f:id:hantenakun:20161025220930p:plain

FXは以前からも説明をしているように、【売り注文】【買い注文】のどちらからもトレードを始められます。

なのでFXの価格の表記は2WAY表示 といって、売り注文の金額と買い注文の金額の2つが表示されます。

上記の赤線で囲った部分が売値(売り注文の場合の金額)と買値(買い注文の場合の金額)となります。基本的には売値が左側に表示され、右側に買値が表示されるのが一般的ですね。

この売値と買値について、覚えて頂きたいことが2つあります。

 

売は(bid)、買は(ask)

上記の画像にも表記されていますが、FXの世界では売りと買いのことを【bid】【ask】 と表記することもあります。

他のサイトではアルファベット表記のみの場合もあります。

FXにおいて売値と買値は最も大切な金額なので、この機会に覚えておきましょう。

 

売値と買値の金額に差がある 

f:id:hantenakun:20161026220304p:plain

上記の画像でも解るように、左側の売値(bid)と右側の買値(ask)には差額があります。

これが【スプレッド】と呼ばれるものです。

この差額のスプレッドはFX会社に支払われる実質的な手数料となっています。

このスプレッドがあるおかげで、私たちは注文をしてすぐに決済したとしても、スプレッドの金額分はマイナス(損失)になってしまいます。

現在はどこのFX会社でも手数料はゼロ円と宣伝していますが、このスプレッドによって実質的には手数料が発生していることになります。

そしてこのスプレッドは私達にとっては小さい方が絶対に有利です。買った時点で-2円より-1円の方がもちろん有利ですよね!?

なので、FX会社を選ぶ際に重視したいポイントでもあります。

スプレッドの金額は通貨によっても異なるので、1日何度も取引を繰り返すスキャルピングのような手法をされている方は、スプレッドを一度見直してみたらいかがですか??

FX会社で口座を開く - FX~ポンドブログ~

 

 始値・高値・安値とは??

f:id:hantenakun:20161026223219p:plain

 大概どこのFX会社でも売値と買値と一緒に【始値】【高値】【安値】の表示がされています始値の表示はないFX会社もあります。

高値や安値は、買(bid)&売(ask)どちらの値段なのかは、個人で設定できます。

始値

これは1日の始めの値段で、当日のスタート時点の値段を表しています。FXは24時間取引をおこなえるので始まりの時間と言われてもピンときませんよね?

日本のFX会社を利用している方は、日本の午前7時頃の値段とお考え下さい。※ただしFX会社によって異なるので、気になる方は事前に確認しましょう。

・高値

高値は当日の最も高い値段を表しています。

・安値

安値は当日の最も安い値段を表しています。

 

以上がFXの値段の見方になります。有難う御座いました。