読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX~ポンドブログ~

これからFXで、ポンドのトレードを始める人に向けたブログ

【FX】 指値注文とは??

f:id:hantenakun:20161107200911j:plain

FXには注文の方法が数多く用意されています。

などがありますね。

今回はその中から指値注文】についてご説明したいと思います。

 

指値注文とは??

f:id:hantenakun:20161029184254j:plain

指値注文は成行注文や逆指値注文と同じく、基本の注文方法になります。

「○○円になったら注文をしよう」

「○○円になったら決済をしよう」

など、前もって金額の予想をたてた時に使います。

金額の設定をあらかじめ行えるので、FXに使える時間が少ない人には【必須の注文方法】ですね。

ただし指値注文は【現在よりも有利な価格】でしか注文を行うことが出来ません。

初心者の方は注文をする時に必ず注意しましょう。

 

【OK例】

【1】「105円だから100円になったら買おう」  ※買う場合は【現在より低い価格】

f:id:hantenakun:20161029200519p:plain

【2】「100円だから105円になったら売ろう」※売る場合は【現在より高い価格】

f:id:hantenakun:20161029200528p:plain

【NG 例】※(逆指値注文)

 【1】「100円だから105円になったら買おう」

f:id:hantenakun:20161029200543p:plain

 【2】「105円だから100円になったら売ろう」

f:id:hantenakun:20161029200603p:plain

指値注文のデメリット

f:id:hantenakun:20161029174631j:plain

1.注文後の価格急変動に対応できない

【例】

「100円になったら買い」など、あらかじめ価格の指定をして注文を出します。

価格は予想通り100円になり、100円の買いポジションを持つことが出来ました。

これが指値注文です。しかしここからが重要です!!!!

f:id:hantenakun:20161029200519p:plain

価格は急変動して105円になり【+5円】になりました。

これは良かった場合の例ですね。

では、反対に動いてしまったらどうでしょうか??

f:id:hantenakun:20161029200646p:plain

価格が急変動して95円になり、【-5円】になります。

そうです!!指値注文はこのように注文後の急変動に全く対応ができないのです。

これが指値注文の1つ目のデメリットになります。

但しこのデメリットは【IFD注文】や【IFO注文】に変えることによって解消できます。

2.チャンスを逃す恐れが大きい

指値注文は、注文の価格に届かないと約定されません。

【例】

「100円になったら売る」など、あらかじめ価格の指定をして注文を出します。

しかし価格が99.99円から下落が始まった場合、この注文は約定されません。たった、【0.01円の差】でチャンスを逃してしまったことになります。

このように指値注文は自分の予想の価格に届かなかった場合、全く機能をしません。

指値注文のメリット

f:id:hantenakun:20161029175810j:plain

1.思った金額で売買ができる

指値注文は成行注文と違って、自分の思い通りの金額で売買することが出来ます。

なので予期せぬスリッページで損をしたり、焦って注文をしたりすることなくトレードが行えます。

2.売買が自動的に行える

指値注文は前もって注文を出しておくことが出来ます。なので、パソコンやスマートフォンをずっと見ている必要はありません。

 

まとめ

指値注文は基本の注文になります。しっかりと覚えておきましょう。

ただし【私は実践では全く使うことがありません。】

これには理由があります。

指値注文は指定価格で自動的に約定してくれることから、非常にすぐれた注文方法です。しかしデメリットでも説明しましたが、その後の動向に全く対応できないことから、実践で使用するにはリスクが高すぎます。

FXにはこの指値注文のデメリットを無くしてくれる【IFD注文】【IFO注文】というものがあります。

私は実践ではこれらの注文方法を使用して、リスクを減らしています。

お時間のある方は合わせてご確認ください。

※IFD注文やIFO注文は指値注文の応用になりますので、基本の指値注文の原理は理解してからご覧ください。

 

【FXの注文方法に 戻る】