読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX~ポンドブログ~

これからFXで、ポンドのトレードを始める人に向けたブログ

【FX】 逆指値注文とは??

f:id:hantenakun:20161107200911j:plain

FXには注文の方法が数多く用意されています。

などがありますね。

今回はその中から【逆指値注文】についてご説明したいと思います。

 

指値注文とは??

f:id:hantenakun:20161029184254j:plain

指値注文とは指値注文と同様に【あらかじめ価格を指定した注文方法】です。

文字の通り指値注文とは逆の注文になるので、現在より不利な価格を注文することになります。

初心者の方は注文エラーにならない為にも、仕組みはしっかりと押さえておきましょう。

【OK例】

【1】「105円だから100円になったら売ろう」※売る場合は【現在より低い価格】

f:id:hantenakun:20161029200603p:plain

【2】「100円だから105円になったら買おう」※買う場合は【現在より高い価格】

f:id:hantenakun:20161029200543p:plain

【NG】※指値注文

【1】「105円だから100円になったら買おう」

f:id:hantenakun:20161029200519p:plain

【2】「100円だから105円になったら売ろう」

f:id:hantenakun:20161029200528p:plain

値段の有利不利が解らな人は、下記の記事を参考にして下さい。

⇒近日更新予定

 

指値のメリット

f:id:hantenakun:20161029175810j:plain

指値注文は今より不利な価格になった時に注文する方法なので、一見無意味に思えます。しかしリスクを減らす為に、必ず必要な注文方法になります。

 【例】

100円の買いポジションを持っていたとします。

現在より価格が上昇すると思って購入しましたが、もしかしたら下落するかもしれません。そんな時は【逆指値注文】を使います。

f:id:hantenakun:20161029204041p:plain

100円のポジションだから99円に下がった場合には売るという形で、逆指値注文をだしておきます。

この注文を出しておくことで、もしも98円まで下落したとしても、99円で売ってしまっているので【-1円】の損で済みます。

このようにリスクを減らす場合に、逆指値注文はとても便利です。

 

指値注文のデメリット

f:id:hantenakun:20161029174631j:plain

指値注文のデメリットは【指定した金額になった時に成行注文をだす】という仕組みになります。

つまり急激な価格変動があった場合には、逆指値注文もスリッページが発生することになります。しかし逆指値注文を出していなかった場合は、スリッページ以上にロスカットや思いがけない損につながる可能性があるので注意しましょう。

 

まとめ

指値注文は入口の注文というより、出口の時の注文方法になります。この注文はFXをやっていく上で、リスク管理の分野で必ず必要になってくる注文方法です。

この機会に指値注文成行注文との違いについても、確認しておくと良いでしょう。

 

fx-pondo.hatenablog.com

fx-pondo.hatenablog.com

 

【FXの注文方法に 戻る】