読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX~ポンドブログ~

これからFXで、ポンドのトレードを始める人に向けたブログ

【FX】 IFO注文とは??

f:id:hantenakun:20161107200911j:plain

FXには注文の方法が数多く用意されています。

などがありますね。

今回はその中から【IFO注文】についてご説明したいと思います。

IFO注文は注文方法の応用編になります。基本編をお読み頂いていない方は先に下記の3つの注文方法からお読みください。

 

【基本編】

 

 

IFO注文とは??

f:id:hantenakun:20161029184254j:plain

【新規の入口の注文【出口の決済注文】を同時に2つ出すことが出来る超万能注文方法です。

新規の注文が約定したら決済の注文が出され、決済注文の1つが約定したもう一つはキャンセルになります。

この注文は時間がない人や、自分の予想に自信が持てない人にオススメの取引方法です。

【例】

  • 「100円ロングの新規注文」
  • 「105円の指値注文」
  • 「99円の逆指値注文」

この3つの注文を同時に出します。

f:id:hantenakun:20161029200519p:plain

・100円で購入し、その後105円に戻った場合は【5円】の利益になります。

 

 

f:id:hantenakun:20161029204041p:plain

 

・100円で購入し、その後99円まで落ちてしまった場合は【-1円】の損になります。

このようにIFO注文はリスク管理も同時に行える自動注文となっているので、使いこなせるように頑張りましょう。

 

IFO注文のメリット

f:id:hantenakun:20161029175810j:plain

IFO注文のメリットは入口から出口までの注文を全て自動で行うことが出来るところです。この注文方法は、他の注文方法のデメリットを補い合っており、私個人としては凄い【オススメの注文方法】です。

 

IFO注文のデメリット

f:id:hantenakun:20161029174631j:plain

IFO注文のデメリットは特にないのですが、1つあげるとすれば【注文を放置しておかない】ことです。

IFO注文は新規の注文が成立しなければ、トレードは始まりません。

放置してしまうとずっと初めの注文が約定せずに、トレードに参加できない状態におちいってしまう場合があります。

まとめ

IFO注文は使えるようになれば、優秀な注文方法ですが、仕組みを理解できていないと注文できないことがあります。しっかりと他の注文方法の理解を深めておきましょう。

※現在は多くのFX会社で利用できますが、以前は使用できない会社もありましたので事前に確認しましょう。

 

 

【FXの注文方法に 戻る】