読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX~ポンドブログ~

これからFXで、ポンドのトレードを始める人に向けたブログ

【FX】 OCO注文とは??

f:id:hantenakun:20161107200911j:plain

FXには注文の方法が数多く用意されています。

などがありますね。

今回はその中から【OCO注文】についてご説明したいと思います。

OCO注文は注文方法の応用編になります。基本編をお読み頂いていない方は先に下記の3つの注文方法からお読みください。

 

【基本編】

 

 

OCO注文とは??

f:id:hantenakun:20161029184254j:plain

OCO注文は【2つの注文を同時に出すことが出来る】注文方法です。

2つのうち1つの注文が約定した場合は、もう【片方の注文はキャンセル】される仕組みとなっています。

2つの注文が同時に出せるので、為替が上下どちらに動くのか迷った場合に使います。

 

【例1】

現在レート:100円

  • 105円まで上昇したら買い
  • 98円まで下落したら売り

このように新規の注文を2つ出しておけば、価格が上下どちらに動いたとしてもトレードに参加することができます。

 

【例2】

現在保有ポジション:103円ロング

  • 105円まで上昇したら売り

f:id:hantenakun:20161029200528p:plain

  • 100円まで下落したら売り

f:id:hantenakun:20161029200603p:plain

このように決済の注文を2つ出しておけば、価格が上下どちらに動いたとしても対応が出来ます。

OCO注文のメリット

f:id:hantenakun:20161029175810j:plain

OCO注文のメリットは間違いなく【上下どちらの動きにも対応が出来る】ところです。

FXの世界では、上下どちらに動くかは100%予想することは出来ません。なのでOCO注文は、出口の注文のリスク軽減の為に使われることが多いですね。

OCO注文のデメリット

f:id:hantenakun:20161029174631j:plain

初心者の方には注文方法が少しだけ難しいです。

OCO注文は2つの注文を一緒に出すことが出来ますが「ロング」「ショート」「指値注文」「逆指値注文」このように4つの指示を組み合わせて注文を出すことになります。

この際、初心者の方は「指値注文」「逆指値注文」が混同して注文を出せないことがあります。

しかしOCO注文は、事前に行う注文方法なので、落ち着いて考えれば初心者の方でも充分に行えます。

もしも、注文に迷った際は「指値注文」「逆指値注文」の記事をもう一度お読みになって下さい。

 

 

【FXの注文方法に 戻る】